2010-01-26

Type: 人を動かす変革のツインドライブ


プロフェッショナル・マガジン『Type』のリニューアル創刊第一号(2010年春号)に記事の掲載を頂いた。キャリアヒストリーにフォーカスしながら読み解くコンサルタントのブレイクスルー体験談で、戦略コンサルティングファームBooz&Companyで活躍するコンサルタントとして誌面に登場している。記事の見出しは「社会貢献活動を通じて実証した人を動かす変革のツインドライブ」。昨年度、東京オフィスで初の試みとなるプロボノプロジェクト「山村地域再生プロジェクト」のリーダーを務めさせて頂いたときの経験をフィーチャーしつつ、そこに至るまでに通過してきた僕のブレイクスルー体験について取材を頂いた。Typeのみなさんが非常に丁寧に取材して下さり、学びのプロセスを的確にまとめて下さった記事になっている。

僕がプロジェクトを遂行する上での成功の要諦として記事に紹介されているツインドライブとは、2つのエンジン―すなわち、思考力と実行力。この両輪がパワフルに回ってこそ、真に物事は動いていくと思う。もともとNGOやNPOの現場最前線で事業のスタートアップを手がけて行動力を鍛えていた自分にとって、自身の最終鍛錬環境に戦略コンサルティングファームを選択したのは思考力のプロフェッショナリズムを高め上げるためであった。したがって、最初は徹底的に論理的思考能力を駆使することにフォーカスして大いに学びになっていたのだが、オンサイトのプロジェクトの中で、真に変革が起こっていくためには現場の人々を巻き込んでいく実行力がないと意味がないと原点回帰したというのが体験談の内容である。

戦略コンサルタントと言うと、ドライなまでにロジカルで物事をバッサリと切っていくという印象もあるかと思う。これはこれで経営には非常に重要なスキルで、僕は常にその刀を研ぎ澄ませ続けたい思っている。一方、それだけでは物事は動かないということをプロフェッショナルの現場で経験したのは、僕にとって非常に大きな意味をもつ検証であった。自身がずっと鍛えてきた実行力がそのまま現場で活きることを体感し、思考力×実行力に自ら確かな手応えを得たのである。綺麗な戦略だけあっても実行されなければ意味がない。気合だけ入っていても戦略がなければ闇雲な体当たり。つまり、“人を動かす戦略づくり”と“戦略を動かす人づくり”の双方が必要なのである。それゆえ、常に思考力と実行力をフル回転させて、一緒に戦略づくりのプロセスを共有したり、戦略を実行しながらチアアップしたりという活動が重要だと思う。

戦略コンサルタントは、ややもすると思考力の発動に偏ってしまいがちな面も確かにある。しかしながら、当たり前のことだが、自分がクライアントの立場になったことを考えたら、あるべき姿が浮かび上がってくるように思う。緻密なロジックで理路整然とドライに問題点を指摘された上で綺麗な戦略を渡されても、正直なところ、それを実行したいとは思いにくい。さらに、実行支援という名のもとに、感情を逆撫でするようなコミュニケーションをされたら、現場の全勢力をもって抵抗に回る行動をとりたくもなる。そのような側面も考慮してプロジェクトを進められたら、お互いにとって意義のある関係性を築けるように思う。勿論、いつも理想的な形になるわけではないのだが、理想的な形を心にもって活動することはできる。つい忘れがちなことなので、折に触れて立ち返りたいと思う次第である。

2010-01-01

構想の実現過程 OPEN!


とうとう2010年が幕を開けた。自分にとって2010年は、ずっとターゲットにしてきた年次で、ある構想の着手開始を意味している。それは、人と自然の潜在性を引き出す社会モデル創造を目指す「風の谷構想」。実体験に基づいて10歳の頃に着想した、遊び心オリエンテッドの構想である。お察しの通り、この構想名は『風の谷のナウシカ』にちなんでいる。たまたま小中学校でクラスの幹事役を何度もさせてもらった経験から“人の持ち味を活かす”ことに関心をもち、地域の自然資源を活かさない街づくりに強い疑問を覚えた経験から“自然の持ち味を活かす”ことに関心をもっていた自分にインスピレーションを与えたのがナウシカだった。映画に描かれていた「風の谷」に人も自然も等しく愛する姿を見出し、自分がやりたいことは“人と自然の潜在性を引き出す”社会を創ることだと意識したのである。さらには、風の谷と自身の故郷との間に自然環境等の共通点を見出したことから、人と自然の潜在性を引き出す社会モデル創出を目指す構想を「風の谷構想」と命名した。

そんなわけで、この構想を心の中に描きながら中高生時代を過ごしつつ、様々な構想検討の試行錯誤プロセスを経て、その具現化に足る資質を十分に養う必要があると考えた。大学に入学してから約12年間=1周期を自身のトレーニングプログラムと位置づけて活動することを思いついたのである。前半6年を基礎編、後半6年を応用編と設定して、経営×人材育成×メディアのスキルを習得・発動することがトレーニングの目的であった。あらゆる分野のプロジェクトをマネジメントするための経営スキル、人の意識に働きかけを行う人材育成スキル、プロジェクトを広く社会に伝達するためのメディアスキル。前半6年で基本的なスキルを何とか習得して、後半6年では習得スキルを応用しながら構想のプロトタイプを試行してきた経緯となる。そして、このトレーニングが2009年度をもって当初スケジュール上は完了することになり、いよいよ2010年度からは構想具現化に着手したいと思っていたのであった。

この風の谷構想は、地域の変革⇒国家の変革⇒世界の変革からなる三部作。人の潜在性を引き出す教育分野と自然の潜在性を引き出す環境分野からのアプローチを主軸としつつ、社会のあらゆる分野をホリスティックに再構築する多面的な展開を想定している。EPISODE-1となる地域の変革は、地域コミュニティにおいて自身の考える社会モデルを創出していくフェーズとなるのだが、これを2010年度つまり春からスタートさせていきたいと思ってきた。ある意味、正解のない取組で、全くもって僕の遊び心から発動していくタイプの動きになるものと認識している。ただ、この活動を通じて誰か喜んで下さる方がいたり、一緒に共感して遊んで下さる方がいたりするならば、是非、一緒に楽しみながらやっていきたい。そんな思いから、微力ながらも自身の取組を少しずつオープンにしていこうと考えた。構想を具現化していくプロセスという観点から『構想の実現過程』と題して、印象に残った日々のワンシーンを切り取って綴っていく。不定期更新の執筆ながらも、この遊び心のコラージュにアクセス頂いたご縁に感謝!