2010-05-31

X2 TOKYO PRE OPEN LAB.


バイクフォーラム青山で開催されたX2 TOKYO PRE OPEN LAB.(エックスツー・トーキョー・プレオープン・ラボ)のMCを務めさせて頂いた。このX2 TOKYOは、“自転車が東京を2倍おもしろくする”というコンセプトで始まったプロジェクトで、東京を世界に誇れるスタイリッシュな自転車都市にするための様々な取組を推進していくものである。今年度は「Cycle/Connect/City」をスローガンとして4組のクリエーターをフィーチャーしつつ、自転車と東京をつなぐワークショップを順次開催していくとの発表である。ブリヂストンサイクルのスポンサーのもと、アマナインタラクティブによるスタイリッシュなクリエイティブ・ディレクションで進められている。

登場するクリエーターは、土佐信道社長プロデュースによるアートユニットの明和電機takram design engeneering の畑中元秀さん、ダンサー・演出家・振付家として活躍する珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝さん、松原慈さんと有山宙さんによる建築家ユニットのassistant。そして、X2 TOKYOクリエイティブディレクターの林貴則さんを加えてトークセッションを行った。一際目立っていたのはオタマトーンを自転車にセットして登場された明和電機の土佐社長だったような気もするが、“自転車と東京をつなぐ”というキーワードからクリエーターのみなさんが一体どのようなインスピレーションを打ち出すかというのは非常に興味深い。

僕がX2 TOKYOというプロジェクトに面白味を覚えたのは、ワークショップ形式を採用するという啓発手法とクリエーターをフィーチャーするというスタッフィングである。ワークショップは大規模な展開は難しいものの、着実に人に対して体感的な気づきをもたらす。そして、オモシロイ!という感覚を訴求するのは、やはり右脳的センス。その意味で、クリエーターによるインスピレーショナルな提案はとてもマッチしている。普段、中央省庁の普及啓発プロジェクトを見ていると、多大な予算を使って実に味気ない結末を迎えているものに高い確率で遭遇する。関連案件のプロデュースに携わる際には、今回のような切り口を是非紹介したい。

2010-05-21

SONY dot park トークセッション


六本木ヒルズアリーナで開催されたSONYの『dot park(ドット・パーク)』スペシャルプログラム「PS3の技術と未来を語るトークセッション」のMCを務めさせて頂いた。ソニー・コンピュータエンタテイメント SVP ソフトウェア開発プラットフォーム開発部部長の豊禎治さんと家電芸人として活躍中のTKO木本武宏さんを迎え、PS3と3D立体視ゲームの秘密に迫るトークセッションである。最初にTKO木本さんをステージにお迎えしてお話をした後、会場のみなさん全員に3Dグラスを配って、アリーナに設置された大画面で3Dゲーム立体映像を体感した。デモ映像のレーシングは凄い迫力。実際、会場のみなさんからも「おぉぉぉぉ」という喚声が出ていた。そこで、Play Stationの生みの親とも言える豊さんの登場。PS3に3D立体視が加わって未来のゲームはどう変わるかについて熱く語って頂いた。


僕もゲームの世界における3Dというものを今回初めて体験したのだが、実際に体験してみないとその凄さが分からないというのは本当であった。なるほど、確かに凄い。体験して僕がすぐに思いついたのは、「この技術を“ゲーム感覚での教育コンテンツ”として活用したらきっと面白いに違いない!」ということだった。教育コンテンツといっても幅広いが、3Dの特性にマッチしそうだと思ったのは、例えば…研修医のトレーニングゲームとして患者を3Dバーチャルで手術しながら成長していくRPGとか、料理のトレーニングゲームとして一人暮らしを始める料理素人がバーチャルで料理を学びながら成長していくRPGとか。そこで、早速、楽屋にいる時に豊さんに伺ってみたところ、確かにその方向性も大いにあり得るとのこと。教育コンテンツのクリエーターを手がける自分としても、是非この切り口を検討してみたいと思ったのであった。

2010-05-19

Act On TV: Volkswagen Rシリーズ

Act On TVのアクトオン新車情報「Volkswagen Rシリーズ」のTV番組ナレーションの収録を敢行した。実は、僕はもともとVolkswagenにとても興味をもっていたこともあって、今回、Rシリーズの番組ナレーションのお誘いを頂いて、是非やりたい!と即答させて頂いたのである。しかも、Golf RSirocco Rのインプレッションを自ら体感したいと思い、番組の収録前にVolkswagenのショールームに個人的に足を運んで試乗に成功。やっぱり実際に運転してしまうと完全にハマってしまう。


「スマートに駆け抜ける…Volkswagenが現代に解き放つ2台のR。Golf RとSirocco R」。このRというのはレーシングを意味していて、まさにスマートに駆け抜けるという表現がぴったりの車である。番組ディレクターさんのコピーライティングのセンスが素晴らしく、番組ナレーションする側にとっても、駆け抜ける爽快感ある収録であった。人生にもRシリーズを導入して、スマートに駆け抜ける!あなたのRシリーズ、ギア入ってますか?

2010-05-10

構想シナリオのラフ案執筆中


先月から詳細検討に入った構想シナリオ。これまで12年間に作成した40冊のアイデアノートを広げ直し、ページの随所に綴られたアイデアのパーツを再構築しながら最新シナリオを執筆中である。なんとか5月中にはラフ案を完成したいと日々カフェで奮闘中!