2010-12-26

りんご風呂

冬の温泉というのは格別で、湯に浸かる僅か数十分の間にも様々なインスピレーションが降りてくるものである。なかでも、長野県小諸市に宿を構える明治31年創業の中棚荘の湯は群を抜いている。かの島崎藤村が愛した宿としても著名な中棚荘の温泉は、「初恋りんご風呂」。無論、島崎藤村の作品『初恋』にちなんだ命名だが、文字通り、りんごが浴槽に浮かんでいるのである。湯枕に頭をかけて湯に浸かっていると、ほのかに漂うりんごの香りが僕の五感を刺激する。湧き上がる“りんご的インスピレーション”。GO TO 2011!

2010-12-21

JFN: 沈才彬さんとの対談


USTREAMおよび全国30のFM局で放送するJFN『ON THE WAY ジャーナル』のパーソナリティを務めさせて頂いた。今回のゲストは、多摩大学経営情報学部教授の沈才彬(しん・さいひん)先生。現代中国を鋭く切り取る屈指の論客として定評をもつ中国経済のエキスパートである。日本でも様々な中国関連ニュースが話題となった2010年だが、今回の対談では“中国の今とこれから”をテーマに、「中国の政治・経済についてのレビュー」「2011年の見込み」「近未来の展望」についてお話を伺わせて頂いた。

2010-12-18

NPO Management


今日、NPO法人キーパーソン21では年内最後の理事会が開催された。現在、僕は経営戦略担当理事という立場でFY2011-2013の中期事業計画の最終化を進めさせて頂いている。まだまだラスト1マイルの詰めが求められるところではあるが、各担当理事のみなさんのアイデアを集約しつつ、中期の方向性を決める上で非常にいい議論になってきていると思う。何より各部門の責任者である理事が全員で事業の方向性や具体的な数値目標を共有する場が生まれてきていることが、今年全員で達成した小さいながらも大きな前進である。

2010-12-04

Dwight Family Gathering 2010


今日はNGOのスタディープログラム歴代参加者のアルムナイ会で企画する年1回のギャザリング・ランチパーティーを開催した。春に立ち上げたこのアルムナイ会は、プログラムを企画・運営するドワイト・クラーク(Dwight Clark)さんの名前にちなんで、Dwight Familyという愛称で呼ばれている。このファミリーを繋いでいるプログラムが、東南アジアをフィールドとするSoutheast Asia Program (SEA) と Burma Program (Burma) で、ドワイトさんが創設したスタンフォード大学内非営利教育機関Volunteer in Asia (VIA) にて1991年にスタートした。彼がVIAを引退した後もこれらのプログラムだけはスピンアウトして、2004年からはドワイトさんが新設した非営利教育機関Learning Across Borders (LAB) で運営されている。僕も2001年に初めてプログラムに参加して以来、運営サイドに参画させて頂いていて、現在もLABのアソシエイト・ディレクターとしてプログラム・マネジメントの支援に携わっているという経緯となる。