2011-06-24

地元再発見☆静岡ロケ


ダヴな美』のCM撮影ロケに同行させて頂いて郷里の静岡県へ。自分の出身地ほど、意外と知らないものである。東京から東海道新幹線で西に向かうと、神奈川県はあっという間に通過するのに静岡県に入ってからが異様に長いという話をよく耳にする。かつての伊豆国・駿河国・遠江国の3国に相当する静岡県は、実際、東西に広い。富士川と大井川を境として東部・中部・西部と区分されているが、西の出身の自分は東の事情を殆ど知らない。もしかすると育った地域周辺も意外と知らないことのほうが多いのかもしれない。そのような視点で改めて郷里に足を運んでみると、次々と新たな発見がある。昔からの緑茶愛好家でありながら、今回、初めて茶畑にも足を運び、初夏の日差しを受けて緑が映える美しい景観に深く感銘を受けた。このような場所が郷里に存在していたことを知ると何だか嬉しくなる。

日本各地を旅していると、独自の景観に心奪われる地域に巡り合う一方、似たり寄ったりの無機質な都市景観に勿体なさを感じる場面も多い。事実、日本では高度成長期以降、地域全体の調和・美観・伝統を軽視した住宅・ビル・工場などが次々と建てられ、街並みや自然景観から調和や地域特性が失われていった経緯がある。自分の故郷も状況は同じく、無機質な工場や道路が次々と街を覆う様に強い違和感を覚え続けてきた。その実体験が、地域の潜在性を引き出す社会づくりをしたいという幼少の頃からの衝動を生み出しているとも言える。2年前に1人で世界一周して15ヶ国の都市群を研究した際、長い年月をかけて形成された伝統・風格・調和のある街並みが各国に散在する姿を見るにつけ、日本の街づくりに対する問題意識を新たにした。地域の人と自然の持ち味を活かした社会モデルづくりに更に踏み込みたい。

2011-06-07

JFN: 武田徹さんとの対談


東日本大震災から間もなく3ヶ月が経とうとしているが、未だに収束していない問題は多岐にわたっている。その中でも今回の原発事故が社会に投げかける論点は深く重い。その原発問題を掘り下げるべく、今日の午後は、今月後半に2週にわたって全国30のFM局で放送するJFN『ON THE WAY ジャーナル WEEKEND』の対談パーソナリティとして番組を収録した。今回のゲストは、ジャーナリスト/評論家としてご活躍の武田徹さん。先月、中公新書ラクレから出版された『私たちはこうして「原発大国」を選んだ 増補版「核」論』が大きな注目を集め、今月には講談社新書から『原発報道とメディア』を出版される。武田さんは、2003年から東京大学先端科学技術研究センター特任教授としてジャーナリスト養成コースを担当、2007年からは恵泉女学園大学人文学部教授を務め、教育者の立場としても活躍されている。

今回の対談で強く印象に残っているのは、“自分自身の考え方を相対的に捉える”という視点である。原発事故に関しても様々な角度から様々な意見が飛び交っており、気がつくとスイシン派とハンタイ派という二項対立の構造に陥っている場合が散見される。ややもするとその土台における議論に乗っかってしまいがちだが、それでは対立構造を超えた一歩先の議論が生まれない。そんなときこそ、敢えて自分の考え方と異なるスタンスにも身を置いてみる。すると、別の考え方にも一理あることが分かってきたり、逆に、自分の考え方の妥当性を検証できたりする。結果として、議論の前提条件が浮き彫りとなり、単なる○×論ではなく、社会を取り巻く様々な変数を加味しながら現実的な方向性を模索する道も拓けてくるかもしれない。

2011-06-01

フジテレビ『ダヴな美』


4月から毎週レギュラーでナレーションを務めさせて頂いている、フジテレビで毎週土曜朝8:00すぎに放送の『ダヴな美』のウェブサイトがオープン。Doveが提供する『ダヴな美』は全国各地のママさんがCM撮影にチャレンジするプロジェクトで、メイキング映像とともに各地の方言によるキメ台詞で仕上げられたCMが公開される。ナレーションは久遠麻衣さんのコラボで、自分が毎週イントロダクションを担当して、久遠さんがCMパートを担当。秋まで毎週1作品ずつ仕上がり続けていくことが確定しており、監督はじめスタッフが全国各地を飛び回っている。

全国47都道府県で構成される日本には、人々が時代を越えて育んできた多様で豊かな地域文化がある。それぞれの地域の魅力が引き出されることによって、日本は統一性のある多様性で彩られたコラージュとなる。ダヴな美は、そのような地域の多様性を巧みに活かしたプロジェクトに仕上げられており、毎週新たに放送される映像を見ているだけでも日本各地の様々な姿を垣間見ることができる。今回オープンしたサイトでは、過去の公開映像を一覧で見ることが可能となった。毎週土曜朝8:00すぎのオンエアを見逃された方も、サイトにて全国各地で撮影された映像を堪能されたい。