2013-12-14

BBT大学「マーケティング基礎」中間フィードバック


BBT大学「マーケティング基礎」の講義にて、中間フィードバック&ワークショップを行いました。全15回講義の折り返しです。200名超の43グループから提出された“カフェ立ち上げのマーケティングプラン”の中間報告はオリジナリティに溢れていて舌を巻きました。可能な限り、多くの事例を取り上げて解説&コメントさせていただきました。ワークショップも非常にエキサイティングな場となりまして、1ヶ月後の最終報告がとても楽しみです。

2013-11-26

スターバックスのクリスマスパーティー@原宿


スターバックスさんのクリスマスパーティーにご招待をいただき、スターバックス東急プラザ表参道原宿店へ。会場内の特設ルーレットで見事に当たり、賞品をいただいてしまいました。ホリデーシーズンがやってきます。

2013-11-09

ポール・マッカートニー『NEW』TV-CMナレーション


ポール・マッカートニー来日に合わせて放映するアルバム『NEW』のTV-CMのナレーションを務めさせていただきました。今日から1週間半程度、朝日放送でオンエア。関西にお住まいのみなさんのお耳にかかります。

2013-10-29

デジモノステーション12月号に登場しました


10/25発売の「デジモノステーション」12月号に登場させていただきました。「総勢77人に聞いた!著名人・プロの自腹買い!」という特集で、自分は起業家/DJとしての自腹買いデジタルグッズをご紹介しています。愛用しているBOSEのSoundLinkを筆頭に挙げてみました。

2013-07-17

HONDAアワードセレモニーMC@グランドプリンス新高輪


グランドプリンス新高輪にて、HONDAさんのアワードセレモニーのMCを務めさせて頂きました。年1回開催の800人規模のビッグイベント。ツインMCはフジテレビでスーパーニュースのレポーターを務める植村智子さん。ショータイムではPUFFYさんとご一緒させて頂きました。

2013-07-09

JFN:コミュニティデザイナー山崎亮さんとの対談


全国ネットFMラジオ番組 JFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組収録を行った。有識者を招いて時代の視座を探るインタビュー番組で、今回のゲストはコミュニティデザイナーの山崎亮さん。studio-L代表として全国各地のコミュニティデザインを手がけられるとともに、京都造形芸術大学教授として教鞭を執られている。今日の対談では、山崎さんの最新プロジェクト事例を伺いながら、コミュニティデザインのプロジェクトスタイル、求められる職能、東北での取り組み、今後の地域コミュニティ像など、多岐にわたるトピックでお話を伺った。

何となくどこかでお会いできそうな気がしていたところ、このような番組企画で実現することになった貴重な機会に感謝したい。あっという間の番組収録で、非常にエキサイティングな時間となった。詳しくは来月のオンエアに譲りたいが、2014年4月に山形県の東北芸術工科大学で開設予定のコミュニティデザイン学科については非常に興味深くお話を伺った。完全にプロジェクトOJTベースでコミュニティデザインを学ぶ大学の学科を開設されるとのことで、実践的な人材育成を計画されている。活きた学問とは、そういうものだと思う。

2013-06-28

JFN:一橋大学名誉教授の関満博先生との対談


全国ネットFMラジオ番組 JFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組収録を行った。有識者を招いて時代の視座を探るインタビュー番組で、今回のゲストは地域経済を専門とする一橋大学名誉教授の関満博先生。現場主義を徹底されている関先生は、日本全国各地を巡られて地域の産業振興に携わられている。今日の対談では、地域経済という視点から、東北の復興や今後の地域像についてお話を伺った。

2013-06-27

WAKE UP & CRR 2サイト同時リニューアル公開


クリエイティブプロデューサー&ディレクターを務めさせていただいた、WAKE UPさんとCRR Japanさんの2つのウェブサイトを同時リニューアル公開。3ヶ月弱でチームのみなさんと一緒に作り上げ、アイデアをカタチにするメディアデザイン/コミュニケーションデザインの最新作。

2013-04-26

JFN:フォトジャーナリスト佐藤慧さんとの対談


夜の半蔵門。スタジオの窓越しには、明かりの灯り始めた皇居の御掘が見える。全国ネットFMラジオ番組 JFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組収録で、ゲストはフォトジャーナリストの佐藤慧さん。国内外をフィールドに、写真を通じて社会にメッセージを発信されている。いつか慧さんと番組で対談したいと思っていたところ、時代の視座を探る当インタビュー番組で、ついにこの機会が実現した。

慧さんと最初に会ったのは2010年のTEDxYouthの会場で、それがご縁で3.11後に自身が発起した復興支援プロジェクト「道のカフェ」で写真撮影の協力をお願いさせて頂いたご縁となる。以来、慧さんに加え、渋谷敦志さん、安田菜津紀さんという3人のフォトジャーナリストのみなさんにご協力を頂きながら、一緒に「道のカフェ」の活動を進めている。

そのような背景もあり、この機会が実現されたのはとても嬉しい。今日は、改めて、慧さんの東北での活動をはじめ、フォトジャーナリストとしてのヒストリーなどについてお話を伺った。気になる対談本編は、オンエアに譲りたい。お楽しみに!(放送日程は後日調整してご案内。Podcastでも聴けるようになります)

JFN:建築家の迫慶一郎さんとの対談


今日の午後は半蔵門のスタジオに足を運び、全国ネットFMラジオ番組 JFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組収録を行った。有識者を招いて時代の視座を探るインタビュー番組で、今回のゲストは建築家の迫慶一郎さん。中国をはじめ世界を舞台に活躍する迫さんは、震災後に「東北スカイビレッジ構想」を提案され、現在は宮城県名取市で「名取スカイビレッジ」の指揮を執られている。今日の対談では、迫さんの東北での取り組みや建築家としてのヒストリーについてお話を伺った。

理知的で情熱的なお人柄が印象的で、とてもワクワクさせられるお話ばかり。迫さんの建築家の原点についてのエピソードは非常に興味深かった。また、この度、迫さんが書き下ろされた著書『希望はつくる』(WAVE出版)についてもお話を伺い、本に込められた熱い想いも必聴。是非、オンエアを楽しみにされたい。今日のお話を終えて、改めて、建築家というプロフェッショナルな職能に強い興味関心を覚えた。様々なステークホルダーのリクエストを受けて建築に表現する…芸術と科学の融合がそこにある。

迫さんに本のサインをいただきました

2013-04-19

獨協大学「NPO論」〜ソーシャルプロジェクトをデザインして社会を変える〜


本日、獨協大学にて250名超の学生のみなさんを対象に、全学総合講座「NPO論」開講。早いもので、獨協大学で講師の機会を頂戴して6年目。今年度は「ソーシャルプロジェクトをデザインして社会を変える」と題して、復興支援プロジェクト「道のカフェ」を事例としながら、社会の課題解決に資するソーシャルプロジェクトを立ち上げるための実践的な技術を紹介させて頂く構成とした。


今回、アイスブレイクに「NPO論ウルトラクイズ」を初導入したところ大盛況。5つの設問を通じて、NPOに関する曖昧な理解を浮き彫りにした。250名の内、全問正答者は7名のみ。NPOというのは、そのくらい曖昧に認知されていながらも、歯切れ良く解説されていないのが実態だと思う。少しでも明快な理解にお役に立てればと企画した次第である。そのような中で、全問正答者にはスターバックスさんのVIAラテを贈呈させて頂いた(好評☆)


近年、お金儲け至上主義の事業ではなく、きちんと社会に役立つ事業をしていきたいという意識をもつ学生のみなさんが増えてきているように感じる。是非、そのような意志をもつ方々を後押ししたいと思う。だからこそ、現場の知見に基づいて体系的に整理した理論を共有しながら、最初の一歩を踏み出すきっかけを楽しくご案内したい。講義後も良質なご質問が多く、自分のノウハウが役立つならばどんどん共有していきたいと意を新たにした。

2013-04-16

I AM GIULIETTA... 青山でジュリエッタにご対面


Alfa Romeo ジュリエッタのエキシビション「I AM GIULIETTA. THE DRIVE ART」にご招待頂いて青山スパイラルガーデンへ。様々な分野のアーティストがジュリエッタの魅力を感性の赴くままに表現した作品を展示するエキシビションで、今日はそのオープニングイベントとなる。DRIVE ARTの集大成が、1週間、スパイラルガーデンに展示される。

そして、会場の中央で一際存在感を放っていたのは、アルファレッドのジュリエッタ。去年、Act On TVの新車情報にてTV番組ナレーション番組を視聴)を務めさせて頂いたご縁にてエキシビションにご招待を頂き、ついにリアルのジュリエッタにご対面。乗る者を虜にする官能的なイタリアンデザインと言われる所以を実感した。

2013-04-14

幸之助と伝統工芸@汐留ミュージアム


パナソニック汐留ミュージアムの開館10周年記念特別展「幸之助と伝統工芸」のご招待を頂き、汐留の会場に足を運んだ。松下幸之助は、日本の伝統文化に対する支援活動を展開されたことでも知られる。「ものづくりの心」をあらわす工芸が文化の発展に寄与することを祈っていたとのこと。この特別展では、松下幸之助ゆかりの工芸作品が一堂に会するということで、作品を目にする機会を頂戴した。

ちょうど先月末に松下政経塾パンフレットの大改訂を完了したばかりだが、この度の制作にあたっては約1年かけて松下幸之助の生涯を研究していたこともあり、より強い興味関心をもって当展に臨むことができた。自分はご本人に対面したこともなく、残された資料などを通じて知り得るのみだが、このような機会にその人生を追体験させて頂くのも何かのご縁。帰り際、松下幸之助の一筆で「道」と記された扇子を得て会場を後にした。

2013-04-06

GoodsPress 5月号:myブロンプトンと一緒に誌面掲載


本日発売の月刊 GoodsPress 5月号の「街乗り自転車」特集にて、英国BROMTONに乗るイノベーションデザイナーとして誌面に登場。Innovation Design Firm "Velvet & Company" のオフィスを構える自由が丘で、編集部の皆様に取材・撮影を頂いた。ビジネスシーンとプライベートシーンの2カットで、“オン&オフで楽しむ自転車のある生活”をご紹介。

オンの写真で肩に掛けているのは、新たなソーシャルビジネスのアイデアに基づいて制作中の図面。オフの写真で手にしているは、「道のカフェ」でご一緒させて頂いているスターバックス店長の井口さんから頂いたタンブラー。新たなイノベーションを思い描きながら、英国出身の相棒 BROMTON M3L で自由が丘を駆け抜ける。

2013-04-05

JFN:社会学者の開沼博さんとの対談


半蔵門のスタジオに足を運び、全国ネットFMラジオ番組 JFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組収録を行った。有識者を招いて時代の視座を探るインタビュー番組で、今回のゲストは社会学者の開沼博さん。自身にとっては、9年前に一緒にミャンマーを旅した友人でもある。その著書『フクシマ論』で毎日出版文化賞を受賞したことでも広く知られる開沼さんは、先月、ダイヤモンド社から『漂白される社会』を出版。売春島、偽装結婚、ホームレスギャルなどを取り上げながら現代日本の闇に隠された真実に迫り、先入観と偏見で見過ごされた矛盾と現実を描いている。まさに漂白される現代社会についてお話を伺った。

幾つもの偶然が重なり、今回は番組のお陰で嬉しい再会となった。開沼さんとは、2004年、まだミャンマーが全く注目されていない頃、NGOのスタディープログラムでヤンゴン/マンダレー/バガンを一緒に旅したのが始まり。当時、開沼さんは大学2年、自分は松下政経塾2年という境遇で、旅の道中ではルームメイトだったこともある。将来は研究者として活躍していきたいと話してくれていたことも鮮明に覚えており、まさにそのビジョンを体現されて今日このように対談の機会に至ったことは本当に感慨深い。そんな開沼さんのお話を伺った番組は今月下旬にオンエア。

9年前(2004年)のミャンマーでの秘蔵写真

2013-04-03

道のカフェの展望を描く@スターバックス本社


目黒に移転されたスターバックスさんの新しい本社へ。エントランスのインテリアに惹かれて思わずワンショット。新しいフロアをご案内いただき、洗練された空間に包まれる。スターバックスの足立さん、万波さん、酒井さんとともに、復興支援プロジェクト「道のカフェ」の新たな展望を描く。

2013-04-02

TV-CMナレーション最新作『DNS』with ダルビッシュ選手


トップアスリートが愛飲するスポーツサプリメントブランド「DNS」がリリースする新TV-CMのナレーションを務めさせていただき、今日から民放各局でオンエア。ダルビッシュ選手を起用した30秒のTV-CMで、トレーニングシーンにフォーカスしてクールに仕上げられている。“明日を変えるニュートリション”というフレーズの通り、DNSのサプリメントがアスリートのパフォーマンスを最大限に引き出していく。THE NUTRITION BEHIND PERFORMANCE "DNS" … 新TV-CMはこちらで是非どうぞ!(参考:昨年夏のCM

  • フジテレビ「すぽると」:4/2、4、8、10、12、16、18 
  • スポットCM:4/27~5/4(東京、大阪、福岡、福島エリア)

2013-03-29

松下政経塾パンフレットの大改訂


茅ヶ崎に足を運んで松下政経塾へ。4ヶ月間で塾のパンフレット&リーフレットを大改訂する一大プロジェクトが遂に完成!コンセプト設計、クリエイティブディレクション、コピーライティングを一手に引き受ける1人3役の総合プロデューサーを務めさせて頂いてミッション・コンプリート。この度、思い切って刷新の機会を切り拓いてくれた塾職員の品川さん&榎本さんとともに制作チームで納入を果たした。パンフレット6,000部とリーフレット20,000部が倉庫に届き、新年度に向けて滑り込みセーフ。何事も為せば成る。

兎も角もイメージしていたものが形になることは実に感慨深い。コンテンツ摺り合わせにご対応頂いた塾スタッフのみなさん、制作を支えて下さったデザインファームのみなさんに感謝は尽きない。過去33年分のパンフレットを棚卸しして分析した上で、原点に立ち戻って伝えるべきメッセージを再構築し、時代に即した形でクリエイティブに変換する。決して容易ではないプロセスながらも、このような刷新の節目において卒塾生として貢献できたことを嬉しく思う。そして、松下幸之助塾主の理念を紐解く機会を頂いたことに感謝したい。


2013-03-21

TV-CMナレーション収録@外苑前


学生時代から十数年越しで大変お世話になっている株式会社ドームさんからお声をかけをいただき、新年度に向けた新TV-CMのナレーションを収録。マーケティング本部長の高下さん、クリエイティブディレクターの福田さんに演出をいただいて、新たなテイストのナレーションでTV-CMが完成した。オンエアは4月より。詳細は新年度にUPDATE。お楽しみに!

2013-03-14

Panasonic Beauty 新製品発表会MC


Panasonic Beauty 新製品発表会のMCを務めさせて頂き、イメージキャラクターの亀梨和也さんとトークセッションで対談。来月公開の新CMを上映しながら、パナソニック コンシューマーマーケティング ジャパン本部の古長亮二さんとともに、亀梨さんから撮影エピソードなどを伺って盛り上がる。新CMは“全身男前”というコンセプトでクールに仕上げられており、バスタイムのグルーミングを訴求。亀梨さんリコメンドの音波頭皮ブラシも注目される。有明のパナソニックセンター東京にて。

2013-03-12

JFN:復興支援事業プレゼンテーション


半蔵門にて全国ネットFMラジオ番組のJFN "ON THE WAY ジャーナル WEEKEND" の番組ナレーションを収録。清水ディレクターの演出に基づいてスタジオ収録が完了した。今回の内容は、去る3月3日に福島で公開収録した東北復興ソーシャルビジネスプロジェクトメッセ復興事業プレゼンテーション。自身が進行を務めさせて頂き、5名の方々が復興支援事業について紹介した内容を凝縮してオンエアする。

株式会社四万十ドラマ 代表取締役の畦地履正さん、NPO法人農商工連携サポートセンター 代表理事の大塚洋一郎さん、公益財団法人共生地域創造財団 事務局長の蓜島一匡さん、満福農園の萩原達也さん、株式会社アイエスエフネットライフ 仙台運営部部長の新沼史智さん。復興3年目を迎えるにあたり、復興支援団体には事業としての持続可能性や他団体との連携が強く求められる。番組を通じてそのエッセンスを共有したい。

2013-03-11

復興3年目へ 〜道のカフェの現場を終えて〜


大盛況となった道のカフェ@陸前高田を終え、仙台で追悼行事に列席した後、東京に帰還。地域のみなさんの温度感が優しく五感に残る。震災後の初夏にプロジェクトを立ち上げて企画・運営すること2年。みんなで一緒に作り上げることが、理屈抜きに楽しくうれしい。誰もが主役になったとき、エネルギーが次元上昇する感覚。そんな場づくりの一助となるだけで至福に思う。

2013-03-10

道のカフェ@陸前高田市米崎中学校仮設住宅


昨年からずっと準備してきた道のカフェ@陸前高田市米崎中学校仮設住宅が実現!集合写真撮影 by フォトジャーナリスト安田菜津紀さん。それぞれの道がつながり、そして、続いていく。復興3年目へ。

2013-03-09

陸前高田に到着!


一ノ関から小型バスで2時間弱をかけて陸前高田に到着。夕方に沿岸部で高田高校の元・校長の戸羽茂先生と合流し、道のカフェのプロジェクトメンバー13名に沿岸部を視察をご案内いただいた。足を運ぶ度に沿岸部の整備は少しずつ進んでいる印象を受ける一方、やはり津波の爪痕の深さを感じざるを得ない。それでも前進に向けて地域のみなさんが道を歩んでいる姿を見ると、何かできることはないかと自問自答する。


今回、事前に戸羽先生とご相談をして、地場産業に尽力されていらっしゃる方を訪ねて是非お話を伺いたいという当方からのリクエストにお応えいただき、きのこのSATOさんの工場を訪ねさせていただいた。スタッフのみなさんからのお話を伺っていると「前だけを向いて進んでいきたい」という佐藤さんたちの想いが温かく感じられ、試食の機会も用意いただいた食した肉厚のシイタケの美味は筆舌に尽くし難かった。


あっという間に日も暮れて、米崎中学校仮設住宅で地域のみなさんと合流!待ちに待った地域のみなさんとの懇親会。自治会長の金野さんのご厚意で仮設住宅集会所をベースとする居酒屋ジュテームを臨時開業していただき、アットホームで超密着式の飲み会がスタートした。スタッフが全国各地から持ち寄った特産品おつまみが紹介され、みなさんと笑談しながら盛り上がる。思えばこのように地域のみなさんとゆっくりと懇親会の場を開けたのは初めてで、やはり膝を付き合わせてお話をできるのはとても楽しい。


あっという間に夜も更け込み、盛り上がりは尽きない。翌日に控えた「道のカフェ」の打ち合わせもOK。仮設住宅にお住まいのみなさんと過ごした懇親会の時間はとっても密度濃く感じられ、“一緒に作り上げる”楽しさを強く覚える。震災というきっかけではあるものの、このように米崎中学校仮設住宅にお住まいのみなさんとのご縁をいただき、ずっと交流をもたせていただけるのは何ともうれしい。復興3年目を前に、いよいよ「道のカフェ」が開く!

2013-03-07

キヤノン本社にてプリンタの試験稼働


キヤノンさんの本社(東京都大田区)に足を運び、今週末に陸前高田で開く「道のカフェ」で活用させていただくプリンタを試験稼働。カフェ当日は、米崎中学校仮設住宅のみなさんの集合写真をフォトジャーナリスト安田菜津紀さんに撮影いただき、キヤノンさんプリンタでその場で印刷。さらに、カフェの一角でフォトフレームをつくり、写真を入れて贈呈の予定。キヤノンさんから機材協力いただく最新プリンタには「道のカフェ2号」と名付けられていて感激。いよいよ本番が迫る。

2013-03-05

3/10に陸前高田で「道のカフェ」


午前中にスターバックスさん本社に足を運び、いよいよ週末に本番となる「道のカフェ」の最終打ち合わせ。この度、3/10(日)に陸前高田市の米崎中学校仮設住宅で開く「道のカフェ」では、地域のみなさんにコーヒーをお楽しみいただくことはもちろん、仮設住宅のみなさん全員で集合写真の撮影も企画。昨年から仮設住宅のみなさんと一緒に設計してきた企画がいよいよ実現する。お近くにお知り合いの方がいらっしゃいましたら気軽にご案内ください。

2013-03-03

東北復興ソーシャルビジネスプロジェクトメッセ@福島


経済産業省後援「東北復興ソーシャルビジネスプロジェクトメッセ」で福島へ。復興事業プレゼンのMC/モデレーターを務めさせて頂き、登壇者の方々から貴重なお話を伺う。復興支援プロジェクト「道のカフェ」も活動紹介の時間を頂き、スターバックス足立さん&キヤノン中山さん&自分のプロデューサーチーム3名で発表。貴重な機会を下さったSBN&JFNのみなさんに感謝…

2013-03-02

計画行政学会ポスターセッションで事例発表


本日、明星大学のキャンパスに足を運び、計画行政学会のポスターセッションで発表。題目は「復興まちづくりにおける民間企業連携型の地域コミュニティ再生支援モデル」。東日本大震災後より、自身が約2年にわたってスターバックスさん&キヤノンさんと一緒に取り組んでいる復興支援プロジェクト「道のカフェ」を事例として取り上げ、持続可能なコミュニティ再生支援モデルを提唱した。

理論と実践の双方が重要であると考えている自分としては、このような学会の中にもっと実践現場のリアルな風を吹かせたいという想いがある。単なる研究では全く意味がない。だからこそ、現場で起こっていることを積極的に持ち込んでみたいと単身で学会イベントに乗り込み、可能性を探るべく試行を重ねている。

2013-03-01

Inter FM 時報CMナレーションのオンエア開始


CMナレーション最新作リリース。2週間前にInter FMで収録したナレーションで、第一ホテル東京シーフォート&VITAによる「天王洲アイル ウェディングストーリー」のラジオ時報CM。3月中は平日の夜9時と土日の朝10時に、クレジットとともに時刻を告げる声を担当。2種類の声を使い分け。Tells you it's 9 o'clock!! オンエアは3月末日まで。

2013-02-28

Southeast Asia Program 2013 コンプリート


ドワイト・クラークさんとともに企画・運営する国際教育NGO "Learning Across Borders" のスタディープログラム「Southeast Asia Program 2013 (SEA2013)」が完了して、シンガポールより帰国。魅力的なメンバーに恵まれ、インスパイアリングな時間となる。ビジネスMTGも兼ねての過密スケジュールの渡航ながらも、この時間は何物にも代え難い。そして、帰国後もエクストリームなスケジュールは続く。

2013-02-26

シンガポールで人口政策ディスカッション


シンガポール滞在3日目。国際教育NGO "Learning Across Borders" スタディープログラムのシンガポール編が続く。参加学生メンバーと一緒に市内を巡り、今日はシンガポール商工会議所にてCEOからシンガポール経済のブリーフィング後、ISEASにて東南アジアの国際関係の最新動向についてお話を伺う。共通テーマになっていたのはシンガポールの人口政策。今、シンガポールでは、少子高齢化社会の中で経済成長を維持し続けるための移民受入政策の議論が熱い。そして、日中の気温も暑い。

2013-02-25

シンガポールマネジメント大学でのブリーフィング


シンガポール滞在2日目。国際教育NGO "Learning Across Borders" スタディープログラム参加の学生メンバーとともにシンガポールマネジメント大学(SMU)を訪ね、SMUの現役生とブリーフィング。いつもながらシンガポールの大学生の英語コミュニケーション力には深く感銘を受ける。日本グループからの英語プレゼンも素晴らしく、SMUでミニTEDな時間にインスピレーションを得る。大学事務局から、SMU生の日本視察プログラムの設計支援を依頼され、面白い展開になりそう。

2013-02-24

6年ぶり6度目のシンガポールへ


極寒の日本を脱出して常夏のシンガポールに到着。国際教育NGO "Learning Across Borders" のグループメンバーと合流し、シンガポールでのスタディープログラムのアテンド。6年ぶり6度目のシンガポールで、リアルなマリーナベイサンズともご対面。いよいよシンガポールのショートステイが始まる。

2013-02-21

Inter FMでCMナレーション収録@天王洲アイル


天王洲アイルに足を運び、Inter FMにてCM収録。午前中の収録も気もちがいい。今回のCMナレーションは、いちのへ友里さんとの共作。第一ホテル東京シーフォート&VITAによる「天王洲アイル ウェディングストーリー」のラジオ時報CMとなる。ご担当者様のこだわりの演出で、一声入魂の15秒間が構成された。CMナレーションでは、イメージに合わせて声の演出を切り替える即興が実に楽しい。3月1日からオンエア予定で、3月の平日夜9時と土日朝10時はInter FMで!収録完了後のスタジオでのワンカット Tells you "Mission Complete!"