Profile

谷中 修吾 [SHUGO YANAKA]

オープンイノベーションによる事業開発に専門知見を持つ
ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクター
~ Business Producer & Creative Director ~

◆学歴|Academic Background
・慶應義塾大学総合政策学部卒業
・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了
・東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了

◆専門|Expertise
経営戦略、マーケティング、ブランディング

◆略歴|Career History
静岡県出身。3歳よりマリンバ演奏による舞台経験を重ね、音楽・映像・文筆・DJなど多元的な創作表現活動を展開。10歳の頃、地域・都市の創造に関心を持ち、自身の社会構想を実現する技術の習得を志す。在学中、約30職種を経験してスタートアップの技術を学び、スタンフォード大学に拠点を置く国際教育NGOの経営企画を経て、公益財団法人松下政経塾卒塾。NPO活動を通じてキャリア教育事業を立ち上げ、経済産業省「地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト」のモデル事業化を実現し、Asia Society主催 "Young Leaders Summit"の日本代表メンバーに選出。外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton に参画し、政府機関・民間企業の経営戦略策定・実行支援に従事した後、2010年には新規事業のマーケティングを専門とするソーシャルデザインファーム Velvet & Company を設立。グローバルカンパニー、成長企業、プロフェッショナルファームなどのクライアントを対象に、新規事業開発におけるマーケティングを支援するとともに、その知見をまちづくりに応用して地方創生ソーシャルビジネスの創出を多数手がける。東日本大震災後は、スターバックス、キヤノン、松下政経塾の連携による復興支援プロジェクト「道のカフェ」を立ち上げ、プロデューサーとしてカフェづくりを通じたコミュニティ再生に尽力。また、2015年には、地方創生まちづくりEXPO「まちてん」を立ち上げ、初代実行委員長/総合プロデューサーとして、まちづくりイノベーターのプラットフォームを創出する。
一方、ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクターとしての活動と並行して、教育活動やメディア活動を積極的に展開している。BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)にて准教授を務め、学部および大学院(MBAアントレプレナーコース)にてスタートアップ系科目の教鞭を執るとともに、国際教育NGO "Learning Across Borders"のCo-Directorとして創設者のドワイト・クラーク氏とともに東南アジア諸国をフィールドとする人材育成活動を15年にわたって継続。その経験を生かして、独立行政法人国際協力機構(JICA)の国際協力広報プロジェクト「なんとかしなきゃ!プロジェクト」および森林保全プロジェクト「REDD+プラットフォーム」のオフィシャルサポーターを務める。さらに、DJ/MC/ナレーターとしての顔を合わせ持ち(所属DJ事務所:FM BIRD)、経営者や起業家らと対談するJFN全国ネットFMラジオ番組 "サードプレイス"の対談パーソナリティ、TEDやビジネス系カンファレンスのMC/キュレーターを務めるとともに、レディー・ガガをフィーチャーした『Android au with Google』など有名TV-CMのナレーションを数多く担当する。世界を旅して30ヶ国以上を遍歴。



◆現職|Present Post
・Social Design Firm “Velvet & Company" 代表取締役/ビジネスプロデューサー
BBT大学BBT大学大学院  (MBA) 准教授(マーケティング系科目担当)
・NPO法人 Learning Across Borders 共同代表理事
・DJ/MC/CMナレーター(所属事務所:FM BIRD

◆趣味|Hobby
遊牧的旅、チャレンジシリーズ、エクストリーム系スポーツ、カフェ巡り、映像・音楽編集、写真、執筆、イベント・プロデュース、ブレイクダンス、プチ瞑想、など

◆遍歴国|Overseas Experience
インド、イタリア、タイ、マレーシア、シンガポール、中国、ミャンマー、アメリカ、韓国、マダガスカル、モーリシャス、インドネシア、ベトナム、UAE、トルコ、イスラエル、スイス、タンザニア、南アフリカ、セネガル、ポルトガル、モロッコ、カナダ、キューバ、メキシコ、イギリス、スペイン、フランス、ギリシャ、ドイツ、デンマーク、ベルギー、オランダ